これまでの展覧会

Previous Exhibition

令和3年6月9日(水)~ 6月14日(日)
【ギャラリー1・2・3】

山形市中学校美術部展

山形市内10校、約260名の美術部・総合文化部員が、部活動で取り組んだ作品の展覧会です。一人一人が、思い思い自由なテーマで制作した作品を展示します。
※最終日は15時30分まで            
●問い合わせ:牧野由紀  TEL:023-622-0559

令和3年6月11日(金)~ 6月14日(月)
【ギャラリー4】

キルターズクラブ花みずき
展示及び販売会

アップリケを中心にしたパッチワーク花みずきです。今年も新作を中心に手芸材料、先染めプリント布、お買い得ハギレ等たくさん用意しました。また、完成品のバック・ポーチなどもあります。ぜひ、いらして下さい。
※最終日は15時まで            
●問い合わせ:開沼みつ子  TEL:090-6918-6070

令和3年6月18日(金)~ 6月20日(日)
【ギャラリー1】

山形東高校 美術部・書道部 合同展

美術部は10名、書道部は17名で活動しています。放課後の限られた時間の中で、個々の思いを込めて制作した作品をぜひご覧ください。
※最終日は15時まで            
●問い合わせ:丸山あき子  TEL:023-631-3501

令和3年6月23日(水)~ 6月28日(月)
【ギャラリー1・4・5】

安孫子 昭 ヨーロッパ スケッチ展

1982年、フランスから帰国後も、ヨーロッパの雰囲気が忘れられず、昨年まで毎年ヨーロッパのスケッチ旅行を続けて参りました。この度、92歳の終わりにあたり、旅行で描いたスケッチを展示し、旅の思い出にしたいと思います。ご高覧いただければ幸いです。
※最終日は15時まで            
●問い合わせ:安孫子 昭  TEL:0233-22-0917

令和3年6月23日(水)~ 6月28日(月)
【ギャラリー3】

オールド・ノリタケ名品展

明治10年代半ばから約半世紀にわたり日本の優れた職人の手による陶磁器が欧米に送り出されました。本展では陶磁器100点を米国東部から持ち帰り一堂に展観します。
※最終日は15時まで            
●問い合わせ:大類敏彦  TEL:090-2604-6000

令和3年6月26日(土)~ 6月27日(日)
【ギャラリー2】

山形城北高等学校美術部「初夏展」

新入部員歓迎の展覧会。新入部員は初めての油彩画を、2・3年生は大作を展示します。
※最終日は16時30分まで            
●問い合わせ:丹羽祐介  TEL:023-645-3377

令和3年6月30日(水)~ 7月5日(月)
【ギャラリー4】

銀河鉄道の夜を描く
佐藤国男木版画・特選絵画展

宮沢賢治の世界を心温まる作風で表現している佐藤国男氏の木版画とガラス絵展を開催します。また、国内外有名作家の特選絵画展も同時開催します。
※最終日は15時まで            
●問い合わせ:大類敏彦  TEL:090-2604-6000

令和3年7月1日(木)~ 7月5日(月)
【ギャラリー1・2】

三軌会山形支部展

中央美術団体三軌会山形支部による絵画・彫刻・工芸の中央出品作品を中心に展示します。故、上村隆士先生の遺作展も同時開催いたします。
※最終日は15時まで            
●問い合わせ:安井敏也  TEL:090-6228-5935

令和3年7月7日(水)~ 7月12日(月)
【ギャラリー2】

第18回 四季の会展

私たちは、前回まで「新院展山形」として17年間展覧会を開催してきましたが、昨年より新しく「四季の会」として活動しています。会員19名の生まれ変わった四季の会展をどうぞご覧ください。
※最終日は15時まで            
●問い合わせ:佐藤秀代  TEL:023-655-6601

令和3年7月14日(水)~ 7月19日(月)
【ギャラリー1・2】

山形一水会展

会員数15名と逝去された3氏、計18名による展覧会です。全国公募展「一水会展」出品作品を中心に大作一人3点程展示します。どうぞご高覧ください。
※最終日は15時30分まで            
●問い合わせ:遠藤博政  TEL:023-644-8185

令和3年7月14日(水)~ 7月20日(火)
【ギャラリー3】

みちのく硝子作家展 in 山形

東北で硝子を素材に作品を制作する硝子作家たちの作品を一堂に展示販売する、6年に一度の展示会です。吹き硝子からとんぼ玉、テーブルウェアから灯りまで、その彩りと煌きの様々な技法と個性の作品をご覧ください。
※最終日は14時まで            
●問い合わせ:伊藤直仁  TEL:0237-22-1811

令和3年7月21日(水)~ 7月26日(月)
【ギャラリー1】

第11回 山形女流写真展

山形県内在住の女性写真愛好家35名の会員が、コロナ禍で写真が撮りにくい状況の中それぞれの個性で新しい表現を目指し励んでいます。今回は70点の作品を展示しますのでぜひご高覧ください。
※最終日は15時まで            
●問い合わせ:沼沢麗子  TEL:023-624-1990

令和3年7月21日(水)~ 7月26日(月)
【ギャラリー4・5】

第7回 蒼騎会山形支部展

6月に開催される第60回蒼騎展(国立新美術館)に出展する作品を中心に展示します。繊細なタッチの花や県内の風景など、和紙の特性を生かし、数種類の和紙を何枚も重ね色合いを出してゆく緻密な作業で制作した作品です。
※最終日は15時まで            
●問い合わせ:加藤きみゑ  TEL:023-642-0666

 

令和3年7月28日(水)~ 8月23日(月)
【ギャラリー5】

最上小国川写真コンテスト入賞作品展

最上小国川は、最上町と舟形町を流れる一級河川です。清流最上小国川の大切さの再認識、未来に伝える気運の醸成のため「最上小国川写真コンテスト」を実施しており入賞作品を展示します。
※最終日は17時まで
※休館 火曜日・8/13・14・15          
●問い合わせ:最上小国川清流未来振興機構 TEL:0233-29-1240

令和3年8月2日(月)~ 8月8日(日)
【ギャラリー1・2・3】

山大美術会展

元山形大学教育学部美術科の同窓会員による初めての展覧会です。この展覧会を通して、美術教育の振興と会員同士の交流・親睦を図るために開催します。山大卒業後、絵画・彫刻・デザイン・工芸とそれぞれが制作した作品を展示しますのでぜひご覧ください。
※最終日は15時まで。休館 8/3(火)          
●問い合わせ:小野隆弘  TEL:023-681-1271

令和3年8月4日(水)~ 8月9日(月)
【ギャラリー4】

丸木位里・俊 回顧展
「生命(いのち)のひかり展」

本展では未公開 原爆の図「夜」を県下では初めて展示し、「反戦」「鎮魂」を主題とした絵画作品から、夫妻の身近な生活の中から紡ぎだされた絵画、絵本の挿絵まで60点余を展観します。厳しさと優しさを太い軸に、お二人の制作の軌跡を捉えてみました。
※最終日は15時まで            
●問い合わせ:大類敏彦  TEL:023-642-0256

令和3年8月16日(月)~ 9月5日(日)
【ギャラリー1・2】

山形県秀作写真選抜展 2021

2020年度中に公募・審査発表された全国フォトコンテストや、県写真展で入賞した作品及び県写真展無鑑査の作品を一堂に展示します。     
※最終日は17時まで  火曜日 開館します          
●問い合わせ:山形県芸文美術館  TEL:023-615-6860

令和3年8月26日(木)~ 8月30日(月)
【ギャラリー4・5】

水彩画愛好会「彩画楽」展

水彩画を習っている教室の会員20名による作品展です。会員それぞれがこの一年で制作した作品を展示します。
※最終日は16時まで            
●問い合わせ:工藤修治  TEL:023-641-4448

 

令和3年9月1日(水)~9月6日(月)
【ギャラリー5】

山口県無形文化財保持者
萩焼宗家15代坂倉新兵衛展

萩焼の宗家15代坂倉新兵衛の作陶展をおこないます。山形では10年前と5年前に個展をやっており、山形県の茶人、愛陶家の皆様にはファンの方が多く、現在の状況下では難しいと思いましたがファンの方々の声に押され開催の運びとなりました。
※最終日は17時まで         
●問い合わせ:熊谷 隆  TEL:090-3371-9087

令和3年9月10日(金)~ 9月12日(日)
【ギャラリー2】

第40回 丹霞書人展

コロナ禍の中ですが感染対策をしながら書作品を発表します。作品は公募展とは区別し家庭にも飾れる小品を中心に展示します。ぜひご覧ください。
※最終日は15時まで            
●問い合わせ:菅野苔石  TEL:023-622-7861

令和3年9月15日(水)~ 9月20日(月)
【ギャラリー4】

第18回 山形アルファ会写真展

長らく写真の指導をされた飛塚英寿先生が御逝去され悲しみに沈んでおりましたが、新たに大泉忠夫先生が引き受けてくださることになりました。会員10名は新鮮な環境の中、作品も変わってることに期待し写真展を開催したいと思います。
※最終日は15時まで            
●問い合わせ:伊藤和男  TEL:023-631-5119

令和3年9月15日(水)~ 9月20日(月)
【ギャラリー5】

吉田宏介・宏信 父子 木芸展

木の色、樹のぬくもりを探求。黒柿を主に各種銘木に生命を吹き込み、一品ごと手造りで仕上げています。地元の材の持つ美しさをごらん下さい。
※最終日は15時まで            
●問い合わせ:吉田宏信  TEL:090-8618-3656

令和3年9月17日(金)~ 9月20日(月)
【ギャラリー1】

第10回 一先会山形支局・かな書展

古くから日本に伝わる万葉集などの歌集からとった和歌や俳句、又現代人がよんだ詩歌などを「かな」や「調和体」で表現しました。作品の形式も額・軸・帖・巻子など多彩です。同時に会員が指導している小学生から高校生までの学生作品も展示します。
※最終日は15時まで            
●問い合わせ:森 草苑  TEL:023-633-0385

令和3年9月18日(土)~ 9月25日(土)
【ギャラリー2・3】

沖津信也個展 みちのくの絶景を描く

私は四季感動の奥の細道の現場を巡り制作し、日展、白日会展、ル・サロン展や銀座、仙台三越、山形等の個展を開催し発表してきました。大自然の生命輝く新たな写実表現をめざしており、今回は大小80点を展示し皆様のご来場をお待ちしております。
※最終日は17時まで            
●問い合わせ:沖津信也  TEL:0238-23-2550

令和3年9月21日(火)~ 9月27日(月)
【ギャラリー4・5】

デジタル写真講座 第7回写真展

二科会写真部会友の大泉先生を講師に月二回の活動を行っており、1年間の活動成果として約50点の作品を展示し皆様のご来場をお待ちしております。
※初日12時開場 最終日は15時まで            
●問い合わせ:金沢秀一  TEL:023-644-2289

令和3年9月22日(水)~ 9月27日(月)
【ギャラリー1】

第9回 アズマ写真クラブ
退公連山形支部デジタル教室合同写真展

月1回の例会を行い、その間自然と写真を愛し続けて勉強してまいりました。会員それぞれ好きなモチーフで表現の面白さと可能性を求めてきた作品です。ぜひご覧ください。
※最終日は15時まで            
●問い合わせ:アズマ写真クラブ事務局 山川 TEL:023-641-6940

令和3年10月8日(金)~ 10月10日(日)
【全ギャラリー】

山形県高等学校総合文化祭 村山大会
(写真専門部・科学専門部)

山形県高等学校総合文化祭村山大会のうち、写真専門部はギャラリー1~3で県内16校から270点の作品を展示。科学専門部はギャラリー4~5で県内約20校による研究展示・発表を行います。
※最終日は12時まで            
●問い合わせ:須藤礼子  TEL:023-643-4117

令和3年10月11日(月)~ 10月17日(日)
【ギャラリー3】

柏画会会員展 第37回展

南部公民館で毎月2回絵筆をふるっている会員15名の作品を展示します。
※初日12時開場 最終日は15時まで            
●問い合わせ:小家盛男  TEL:023-633-8465

令和3年10月14日(木)~ 10月18日(月)
【ギャラリー4・5】

第30回 水墨画「芳墨会」作品展

墨は一色ではありません。無限にその奥深さ、美しさが広がります。その美しさに魅せられ練習をやってきた集大成として年一回作品展をやっています。
※最終日は15時まで            
●問い合わせ:松井知子  TEL:023-644-8781

令和3年10月15日(金)~ 10月17日(日)
【ギャラリー1】

 第45回 玄墨展

玄墨会は、張廉卿の書法を源とし、宮島詠士、上條信山と継承された気品の高い書法に魅せられた団体です。今回の第45会展も日頃研鑽を重ねた作品を展示します。
※最終日は15時まで            
●問い合わせ:結城正憲  TEL:0237-42-1892

令和3年10月16日(土)~ 10月17日(日)
【ギャラリー2】

第51回 世界児童画展 山形県展

国内より40,982点、海外より32,779点の応募があり、国内の最高賞として内閣総理大臣賞を設けております。山形県内の受賞作品を中心に国内特別賞、外務大臣賞作品をあわせて160点展示します。
※最終日は14時まで            
●問い合わせ:美育文化協会  TEL:03-5825-4801

令和3年10月19日(火)~ 10月24日(日)
【ギャラリー5】

杉崎ボタニカル教室
山交ビルカルチャーセンター 第14回作品展

杉崎先生ご夫妻に指導していただいているボタニカルアート教室の作品展です。生徒12名の作品と先生方の絵を展示しますのでご覧いただき、感想等伺えれば幸いです。
※初日12時開場 最終日は15時まで            
●問い合わせ:鈴木真理  TEL:090-9030-1327

令和3年10月20日(水)~ 10月24日(日)
【ギャラリー1・2・3】

第5回NTT-OB霞城クラブ芸術作品展

絵画・写真・工芸・漆芸・能面・パッチワーク・手芸など、熟年パワーと新たな創造力で制作した作品を200点以上展示します。
※最終日は15時まで            
●問い合わせ:鈴木 哲  TEL:023-629-8266

令和3年10月20日(水)~ 10月24日(日)
【ギャラリー4】

 第10回日本風景写真協会山形支部写真展

会員15名でそれぞれの目線でとらえた日本の風景を四季を通し展示します。
※最終日は15時まで
●問い合わせ:千葉昭男  TEL:023-641-8152

令和3年10月27日(水)~ 10月31日(日)
【全ギャラリー】

 第37回読売書法展 東北展

山形県芸文美術館と山形美術館で同時開催し、最高賞の「読売大賞」をはじめとする入賞・入選作品に加え、東北地区の書家作品、さらに文化功労者や日本芸術院会員ら現代書壇を代表する役員書家の新作など、約780点を展示します。
※最終日は14時まで
●問い合わせ:読売書法会事務局  TEL:03-3216-8903

令和3年11月2日(火)~ 11月7日(日)
【ギャラリー1・2】

第52回山形県写真連盟会員展

山形県写真連盟会員が撮影した出品作品を山形美術館岡部副館長が審査。風景や花、祭りや人物などの被写体を会員がそれぞれの視点で切り取った作品150点余を展示。  
※最終日は15時まで  2日(火)開館            
●問い合わせ:阿部直美  TEL:023-641-3021

令和3年11月2日(火)~ 11月7日(日)
【ギャラリー5】

秋を彩る手仕事展

山形市のこけし工人梅木直美、手織り工房MAKOYA、工房さくらの木、デイサポートたんぽぽ工房、わたしの会社、寒河江市さくらんぼ共生園の6つの工房の作品を展示販売いたします。  

※最終日は15時まで  2日(火)開館            
●問い合わせ:島貫律子  TEL:023-631-3375

令和3年11月4日(木)~ 11月7日(日)
【ギャラリー4】

山形地区年金協会第二支部趣味の作品展

支部会員500名から選ばれた作品約60点(絵画・写真・手工芸品)を展示します。
※初日12時開場 最終日は15時まで            
●問い合わせ:佐藤忠泰  TEL:023-642-8554

令和3年11月17日(水)~ 11月22日(月)
【ギャラリー1】

第33回山形女流美術展

山形女流美術展は、平成元年に山形市制100周年記念事業として開催されました。日本画・洋画・工芸の会員が女性の持つ感性を大切に制作した作品を展示します。  
※最終日は15時まで            
●問い合わせ:菅野美智子  TEL:023-681-7488 

令和3年11月19日(金)~ 11月22日(月)
【ギャラリー2・3】

山形県水彩画会小作品展

5月に県水彩画展を開催し個性と感性の豊かな大作を発表しました。その大作を制作するに日頃研鑽し描いている小作品を展示します。
※最終日は15時まで            
●問い合わせ:柏倉徳夫  TEL:023-643-5319 

令和3年11月25日(木)~ 11月29日(月)
【全ギャラリー】

第45回 二科会写真部東北地区公募展

二科会写真部東北地区公募展は二科会写真部東北六支部が合同で開催する東北最大級の写真展です。同時に、国内最大規模の二科会写真部全国公募展の展示作品から、二科会写真部山形支部員による作品も展示します。
※最終日は12時まで
●問い合わせ:渡辺 晃  TEL:023-688-3865 

 

令和3年12月2日(木)~ 12月8日(水)
【ギャラリー1・2・3】

第54回 山形市民美術展

この展覧会には山形市民(高校生以上)どなたでも自分が創作した作品を出品することができます。鑑査はありませんが優秀な作品には授賞いたします。
 ※最終日は16時まで  7日(火)開館            
●問い合わせ:菅井正明  TEL:070-1144-0859 

令和3年12月3日(金)~ 12月9日(木)
【ギャラリー4・5】

第67回 歳末助け合い2021.
  色紙入札・小作品頒布会

山形県美術連盟山形地区の有志・会員が社会奉仕に努めるためおこなっているもので、売り上げの中から利益を社会福祉事業へ寄付いたします。
 ※最終日は15時まで  7日(火)開館            
●問い合わせ:菅井正明  TEL:070-1144-0859 

令和3年12月10日(金)~ 12月12日(日)
【ギャラリー1・2】

第15回 山形書道クラブ展

「古典の基礎の上に今を享受し表現する」をテーマに、明清時代の行草体を主とした大作から小品、又、かな・調和体の読める書を展示します。
※初日13時開場 最終日は16時まで            
●問い合わせ:阿部旭祥  TEL:023-631-6388 

令和3年12月10日(金)~ 12月15日(水)
【ギャラリー3・4・5】

第9回 山形二紀展

第74回二紀展(10/13~10/25、国立新美術館)に出品した大作を中心に二紀会山形支部員の作品28点を展示します。それぞれの感性を基に制作された多様なテーマと造形性を持った作品が並びます。  
※初日13時開場 最終日は15時まで  14日(火)開館            
●問い合わせ:吉田卓哉  TEL:023-673-9776 

令和3年12月17日(金)~ 12月22日(水)
【ギャラリー3】

第10回 花の会山形写真展

花の美しさを楽しみながら写真撮影をしている団体です。会員各人の視点で捉えた写真をご覧いただきたいと思います。  
※最終日は15時まで  21日(火)開館            
●問い合わせ:西田 進  TEL:023-681-5660 

令和3年12月18日(土)~ 12月21日(火)
【ギャラリー1・2】

山形県高校生フォトコンテスト 2021

第20回「山形県高校生フォトコンテスト2021」と第14回「山形読売写真クラブ(山形YPC)会員展」の合同展。県内の高校生がみずみずしい感性で撮影した作品と、山形YPC会員の日頃の活動の成果を、ぜひご覧ください。 
※最終日は17時まで  21日(火)開館            
●問い合わせ:赤津良太  TEL:023-624-2121 

令和3年12月18日(土)~ 12月22日(水)
【ギャラリー4】

戸塚刺しゅう山形支部展示会

 毎日少しずつの時間を積み重ね、一針一針大切に刺した成果をご紹介します。
     
※最終日は17時まで  21日(火)開館            
●問い合わせ:鈴木敏子  TEL:023-641-9272 

令和3年12月18日(土)~ 12月22日(水)
【ギャラリー5】

2021年 水彩画展 羽州街道の旅

かつての出羽の国(現在の山形県と秋田県)を貫く東北第2の大動脈が羽州街道でした。福島県桑折町で奥州街道と分かれ、七ヶ宿、上山、山形と北上して行きます。参勤交代や人々の往来で賑わった街のおもかげや山河の風景を水彩画で描きました。原画を元にした2022年のカレンダーも販売します。   
※初日11時開場 最終日は16時まで  21日(火)開館            
●問い合わせ:柴田 治  TEL:022-765-7051 

令和3年12月24日(金)~ 12月26日(日)
【ギャラリー3・4・5】

北美展・北仔展

 
※最終日は16時まで              
●問い合わせ:土屋和明・柴田百合  TEL:023-622-0427 

令和3年12月24日(金)~ 12月27日(月)
【ギャラリー1・2】

村山地区高等学校書道展

13の学校から約50点の書作品を展示します。部員一人ひとりの個性や想いのあふれる作品となっていますので、日頃の練習の成果をぜひご覧ください。 
※最終日は15時まで              
●問い合わせ:福井恵美  TEL:023-647-0521 

 
 

令和4年1月7日(金)~ 1月11日(火)
【ギャラリー1】

第19回山形写真芸術フォーラム写真展

二科会名誉会員であった故飛塚英寿様が教授していた6クラブ、会員約90名による作品展です。芸術性を追求した数々と、幅広い題材で各自の得意とした作品の傑作を展示します。 
※最終日は15時まで              
●問い合わせ:佐藤維宥  TEL:023-631-2286 

令和4年1月7日(金)~ 1月11日(火)
【ギャラリー5】

第18回 フォト・木曜会写真展

各自の得意とした秀作且つ、芸術的、最高に優れた作品を、会員21名と講師小林新平様の特別作品を含め22点展示します。 
※最終日は15時まで              
●問い合わせ:佐藤維宥  TEL:023-631-2286 

令和4年1月9日(日)~ 1月10日(月)
【ギャラリー2】

「編集山形」いけ花嵯峨御流
        山形東原教室花会

嵯峨御流は京都・大覚寺に総司所があり、全国に百余の司所が活動しています。山形司所は50年近く活動しております。山形東原教室は8年前からホームページにいけ花を掲載して活動、最近は「編集山形」の名前で広くいけ花を紹介し、今回展示発表することになりました。 
※最終日は17時まで              
●問い合わせ:工藤れい甫  TEL:023-631-8955

令和4年1月21日(金)~ 1月23日(日)
【ギャラリー2】

上山明新館高校美術部展

部員がそれぞれ作品に想いをふきこみ創り進めた作品を展示します。独創的で個性豊かな世界観をお楽しみいただきたいと思います。
※最終日は15時まで              
●問い合わせ:髙橋さと子  TEL:023-672-1700  

令和4年1月23日(日)
【ギャラリー1】

池坊山形支部中研会花展

新型コロナウィルスの終息が未だ見通せない今日、一足早く春の息吹を感じ、心和んでいただける花展です。
※16時まで              
●問い合わせ:金田美智子  TEL:023-633-1056  

令和4年1月28日(金)~ 1月30日(日)
【ギャラリー3】

文化書道学会山形県役員作品展

文化書道学会は西脇呉石先生が創設され、現在は全国(アメリカ、ヨーロッパ等含む)に3万数千人の会員を有し、この度、初めての作品展を開催します。 
※初日13時開場 最終日は15時まで
●問い合わせ:山口 滋  TEL:090-7931-9631 

 

令和4年2月2日(水)~ 2月9日(水)
【ギャラリー5】

花・はな・ハナ展

春を先どりした「花」をテーマにした展覧会です。国内外の泰斗から新進気鋭の若手までの絵画・工芸・書などの作品約50点を展示頒布します。 
※最終日は15時まで   8日(火)休館
●問い合わせ:髙橋友季子  TEL:090-8721-7038 

令和4年2月5日(土)~ 2月6日(日)
【ギャラリー1】

特選美術・輪島塗逸品展

若手から物故の巨匠まで、日本画・洋画を織り交ぜて約50点、
漆額などの美術品や家具、飯椀や銘々皿など日常使いの食器まで一堂に展示販売します。
※最終日は16時まで
●問い合わせ:藤崎山形店  TEL:023-629-8155

令和4年2月11日(金)~ 2月14日(月)
【ギャラリー1・2】

第35回 三和書展

 
 
※最終日は15時まで
●問い合わせ:小池逢花  TEL:023-688-2322 
 
 

 

令和4年2月26日(土)~ 3月27日(日)
【全ギャラリー】

第2回山形県高校生秀作選抜展
(美術、書道、写真)

山形県高等学校文化連盟の美術、書道、写真部門で、今年度高い評価を受けた、第45回全国高等学校文化祭出展作品と第45回山形県高等学校総合文化祭受賞作品を一堂に展示しますのでぜひご覧ください。 
※最終日は17時まで
●問い合わせ:山形県芸文美術館  TEL:023-615-6860 

 

令和4年4月2日(土)~ 5月8日(日)
【全ギャラリー】

第4回中央展出品作品選抜絵画展

山形県芸文美術館自主事業として、山形美術連盟会員で令和2年と3年に中央展に出品し、入選・受賞された方々の作品を展示します。 
※最終日は17時まで
●問い合わせ:山形県芸文美術館  TEL:023-615-6860

 

令和4年5月14日(土)~ 5月15日(日)
【ギャラリー1・2・3・4】

華道家元池坊山形支部創立75周年.
 青年部創立40周年記念いけばな池坊展

「風にのって」をテーマに、花を生ける行いの中から命をみつめ、美しく咲く一輪の花に魅了され、心の支え、進む勇気の一助になることを願っていけばな池坊展を開催します。
 入場料 500円 
※最終日は16時まで
●問い合わせ:金田美智子  TEL:023-633-1056

令和4年5月18日(水)~ 5月23日(月)
【ギャラリー1】

第78回 春光会展

春光会は、昭和20年に県内日本画のリーダーとして活躍された10名の方々により発足した団体です。春光会展は会員と一般公募の作品を展示します。会員は、春光会をステップに県美展や中央展にチャレンジしながら創作活動に取り組んでいます。 
※最終日は16時まで
●問い合わせ:真木俊幸  TEL:023-631-0052

令和4年5月18日(水)~ 5月23日(月)
【ギャラリー5】

-山形新聞掲載-
堀 美保子「山形スケッチ歳時記」展

2018年1月~2021年12月の4年間、山形新聞に「山形スケッチ歳時記」として掲載された原画・色紙100点を展示販売します。山形の四季折々の風景、草花、鳥などとの出会いの感動を表現しました。なお、売上げの利益は社会福祉事業に寄付します。 
※最終日は15時まで
●問い合わせ:堀 美保子  TEL:023-681-0381

令和4年5月18日(水)~ 5月25日(水)
【ギャラリー4】

オールド・ノリタケ名品展

明治時代の殖産興業改策の一環として海を渡って国を支えてきた陶磁器の里帰り展です。芸文では二年続けての企画展となります。 
※最終日は15時まで
●問い合わせ:髙橋友季子  TEL:090-8721-7038